ネットムーブからのお知らせ

国内初 SaAT ポケレジがPCI P2PE認定を取得

ITC事業部

ネットムーブ株式会社(代表取締役:澤田富仁、以下ネットムーブ)は、国内で初めてクレジットカード業界のセキュリティ標準化協議団体である 「PCI SSC」 が定める 「PCI P2PE ソリューション」 および 「PCI P2PE コンポーネント」 のプロバイダ認定を同時に取得しました。(2017年10月31日)

PCI P2PE
●SaAT ポケレジ
PCI P2PE ソリューションプロバイダ認定を取得。フルマネージド型のEMV決済ソリューションです。
●SaAT マネージドターミナルサービス
PCI P2PE コンポーネントプロバイダ認定を取得。リモートキーインジェクションを含めた決済端末の管理ソリューションです。

これらのサービスには英国の決済端末ベンダーであるミウラシステムズ社の端末が利用されており、今回のネットムーブの認定取得に関してミウラシステムズから以下のコメントを頂きました。

PCIで認定された高度なセキュリティスタンダードであるP2PEソリューションはPOSシステムにおけるカード情報漏洩対策として非常に有効であり、PCI DSS認定の取得が免除される(あるいはスコープを著しく小さくできることが期待される)手段として、導入時間とコスト削減を可能とすることから、グローバルの様々な業種の加盟店から強い要望をいただいています。
私たちは日本市場で初めてPCI P2PE認定を取得したネットムーブ社と協業していることを誇りに思います。ネットムーブとミウラシステムズが提供する決済サービスは日本市場で初めて認定されたP2PEソリューションになります。日本国内の特に金融業、流通業のお客様にセキュアで且つ容易に導入可能なこのソリューションを提供していきます。
(ミウラシステムズ社(本社:英国バッキンガム州) アジア地区セールスディレクター、マーク・チャップマン氏)

尚、PCI P2PE は経産省より公示された「クレジットカード取引におけるセキュリティ対策の強化に向けた実行計画 2017年度版」においても、対面加盟店向けのカード情報非保持化措置として例示された有効なセキュリティ対策のソリューションとなります。
本サービスの提供を通じて、実行計画を推進されるクレジットカード加盟店のセキュリティ対策等の課題を解決し、お客様のビジネスの成功の一助となれるよう、ネットムーブは決済サービスプロバイダのフロントランナーとして、邁進してまいります。

PCI P2PE(Point To Point Encryption)とは

PCI SSC が定める規定に従い加盟店とPCIDSS認定の決済センタ間においてポイント・ツー・ポイントでカード情報を暗号化するソリューションです。
加盟店環境においてはカード情報が暗号化されて「非保持化」相当となるため、カード情報の漏洩リスクを低減できます。

Miura Systems Ltd(ミウラシステムズ)について

ミウラシステムズは革新的かつセキュアな決済ハードウェア端末を提供するmPOS マーケットにおけるリーディングカンパニーです。ミウラシステムズはソフトウェアベンダーやシステムインテグレータとのパートナーシップによりデバイスを供給し、流通業やアクワイアラに対して高機能で柔軟なペイメントソリューションをグローバル市場に提供しています。より詳細な情報についてはミウラシステムズのサイト(http://www.miurasystems.com)をご参照ください。